40BFバーサーカーまとめ 

40BFバーサーカー
かなり前のキャラクターだったので曖昧なところもありますが覚えている限りのことを書いていきます。主に火炎の戦場を想定した内容となります。

40BFの参加を考えている方、バサで伸び悩んでいる方、バサの対策を考えている方の参考になれば幸いです。


最高戦績
bfseiseki.jpg


装備
武器
バトルフィールドの君主アックス9+会心ダメージ8%*3
合金殺戮バトルブレード9+会心ダメージ8%*3
アサシンの指+会心率1.5%*3

防具
エリマキトカゲ(体力/速さ)の年代物ヘルメット+速さ9
ヘヴィレスラーのメイル+速さ9
ビッグレスラーのパンツ+速さ9
ビッグレスラーの手+速さ9
ビッグレスラーの靴+速さ9
カバー(体力)の亡者のネックレス
カバー(体力)の亡者のネックレス

SPS
斧類マスタリー+軽武装マスタリー+二刀流
(軽アックスウォリアー)

ミグル
ミグルのエンブレム・ガッツの歌Ⅰ 通常攻撃値が7%増加
ミグルのエンブレム・飛影の術Ⅱ 回避率が6%増加
王冠 回避率10%上昇
影武者のミグル衣 自身の回避率を12%上昇


概要
狙いは高火力・高回避。
煩わしい持ち替えで火力を落とすことなく、横槍を回避で防ぎ確実にkillする為の構成。最高28kill/3deadと狙い通りの成績をだせたのではないだろうか。


立ち回り
基本はクリスタルの移動に沿って敵に見られていない状態で突撃。劣勢時は敵の団体を後ろから奇襲するよう回り込み殲滅。

単体で戦況を変える能力はないので自チームエース級を護衛しつつ相手チームのエースを排除。捕まって動けない場合は散り際に激戦の轟き。

断地衝波はモーションが長くコンボに組み込むのは難しいが射程が他の近接スキルよりも長いのでトドメの一撃や、逃げようとする敵への最後の追い討ちで真価を発揮する。


職業別対策
対パラディン
硬いので突撃→鈍足を入れて後衛にまかせる。弓魔職の位置まで接近する技量のあるパラは放置すると危険なので相手をする。こちらも動けなくされることが予想されるので突撃をうまく使って離脱。


対バーサーカー
同じ火力構成ならプライドの為先手を取って落としたい。パワー/体力青+アマ護衛+とりでのバランスタイプはパラと同じ処理方法。おそらく40BFで一番危険な構成なので止めないと負ける。殴らせると硬くなるのでその前に処理したい。


対レンジャー
野生の効果時間は5秒。接近するとほぼ確実に使うので5秒後に突撃。もしくは火力にまかせて強行も可。バックステップの位置を読んで移動するのも無きにしも非ず。NO1キラーなので優先的に狙いたい。


対アサシン
40BF最強職。他の職業は手を焼くのでエース級のアサシンは第一候補で狙いたい。コンボ中に隠遁されたら即地震攻撃で逃がしてはならない。暗殺思考のアサシンの場合は味方回復職の傍で定期的に範囲を入れる。


対テンプラー
装備を煮詰めているタイプはほぼ落とせない。逆に眠らされてこっちが危険に。味方遠距離職が攻撃してくれるのを願いつつHPに注目し、落とせると判断したら即突撃。放置すると攻め込めなくなるので注意。回復を落とすのは対人のセオリー、特にバランスの取れている40BFにおいて回復は脅威。


対プリースト
テンプラーと同じように硬い。味方に持続回復を掛けて妨害や攻撃に参加してくるタイプはすぐに落としたい。特攻してくる前衛にスピード治療なんかが掛かっていると相当不利になってくる。前衛タイプは藤蔓の術で動けなくされるので出来れば味方遠距離火力に片付けてもらいたい。馬鹿に出来ない火力も備えているので注意に値するかどうか見極めておきたい職。


対ウィザード
味方の援護がない状態で捕まると一方的に倒される。又、集団戦は巨砲が凶悪。妨害と火力を持ち合わせているので性能をフルに発揮してくるタイプの場合は優先的に狙いたい。眠り杖であと一手というところで眠らされるとやられかねないので味方の援護が来ない可能性があるならば逃げるのも一つの手。


対ネクロマンサー
こちらも1対1は危険。更に召還のドクロをけしかけられるとこちらの行動は制限されてしまう。常に動けない状態が続く。更に味方チームのエースや回復が行動制限されてしまうと負ける可能性もでてくるので落としたい。ドクロのターゲットをとったらまずはドクロの撃破を心掛けるべし。


総括
バーサーカーは防御手段が回避の職業に対して非常に大きいアドバンテージを持っている職です。

又、お金を掛けないでもなかなかの性能なので初心者にも優しい職ですね。
参考までに適当な青装備に適当宝玉でも10kill程度は維持できていて、装備を整えてからは+-20kill、+-5deadというなかなか優秀な成績でした。

BFに参加していた期間がそれ程長くなく、月間ランキングの中間から中間で辞めてしまったのであまり活躍できませんでした。なのでどれ程脅威だったのか、的外れだったのか分かりませんが自分にマッチしたキャラを構築できて満足出来ました。今度は青補正盾型バサもやってみたいです^A^*