FF13はパージ対象作品 

クソソー!

僕が見えるクソ?
僕はモークソ。クソゲなココロを持った人にしかみえないクソッ!クッソソー♪



はい、ff13とff13-2をやったんですよ。

正直面白かった。

ですがね、面白いのは間違いないのですがねクソなんですよ、
クソゲーなんですよおおぉぉぉ!!!

世間の評判が悪くストーリーがどうしようもないクソということを知った上で購入、プレイしたんですけどね、
「いくらクソといってもそこそこは見るところもあるだろ^A^」と思ってプレイしたら本当にクソでした疑ってすみませんでした。

もう本当にどうしようもないクソでクリアまで私の平均うんこタイムが3回も増えるクソっぷりでした。紛うことなき一本グソでした。

でもただクソゲーというだけじゃ何がクソなのか分からないので私はこのff13というものがどれだけクソかということをクソ説いていきたいと思いますクソ。というかクソ過ぎて書き殴りたいクソ。

(ネタバレあり、FFLR未プレイの時点での感想です。FFLR終わったら改めてちゃんとしたレビュー書きたいな!)

まずff13は音楽も映像もすごくよかったしバトルシステムもそこそこ楽しめました。正直ff13とff13-2を初めて5時間ぐらいの時点では神ゲーでした。

では何がクソなのか、何故クソなのか、この絡まったクソを紐解いていこうと思いますクソ。

まずは箇条書きでff13のクソさを表します。ついでに良いところも。

良いところ
・曲、BGMがいい
・一部綺麗なムービー
・UI関係が綺麗でスタイリッシュ
・ロード短め
・スノウがかっこよすぎる

クソ
・ストーリー
・ムービーが視点グルグル、光ピカピカ
・戦闘システム全般
・ホープがマジキチ


まずはじめにもっともクソな点はff13シリーズがシリーズであること。3部作ですが1作毎にクリアしても全然達成感がない。私は現状3作目をプレイしていませんがff13のストーリーの設定を理解しようとすると3作目まで全てネタバレしながらじゃないと知ることができないという点が本当にクソだと思います。

シリーズものだから次回作も買わせたいというのは分かります。しかし作品ごとに完結しない、満足感がないエンディングを迎えるようなシナリオでは最後の作品だけやればいいだけではありませんか?特にネットで全てのムービーをみることができるこのご時勢・・・


曲/BGM
これは本当にいい。今までやったRPGの中でトップかもしれないレベルでいい。残念ながらff13-2ではボーカル入りの曲が多すぎて鬱陶しく感じるレベル。その点ff13はBGMと声入りの比率が素晴らしい。


UI
洗練されていて非常にスタイリッシュ。シンプルなグレーと見やすいレイアウトと文字。グラフィックに集中できてよい。ロードも短めでムービーが多くてもそこそこダレない。何故かff13-2では両方とも激しく劣化している。


戦闘システム
キャラ、装備、バトル自体、この三つともクソだと思う。

まずキャラに関しては今までのffシリーズと違い育ってもそれぞれ特徴がある。それはつまりキャラ性能に個性があるということであり、故に強弱がでてしまう。家庭用のRPGで好きなキャラを使って遊ぶのは非常に大事な要素であり、大きな差別化は必要ないと思います。別に好きなキャラ使えばいいじゃんと思う人もいるかもしれませんが敢えて縛りプレーをしないといけない意味が分かりません。誰を育ててもほぼ変わらないっていうのは逆にキャラを操作して遊ぶゲームでは重要だと考えます。

自分の好きなキャラが弱いキャラだったらどうすんの?お?
「サッズは主力です」 「ドッジ乙www」 おぉん;A;


次に装備品ですが上記のキャラを没個性にするなら装備で特色をつけるのは常套手段ですよね。装備品に関しては中々よかったと思いますが改造の仕様が酷過ぎる。無意味に複雑。結局最高効率で改造する場合は手順が決まっているのに何故か大量に同じような改造アイテムがあって意味不明すぎる。取り返しのつかない要素があったらどうしようなんて人は絶対に着手できないんじゃないでしょうか。単純に装備してると勝手に経験値が増えてレベルが上がるぐらいでよかったのでは。素材集めて改造したらクリア前に最強武器になってクソゲー化しました。システムが意味不明。


最後にバトル自体ですが2点あります。戦闘が終了すると全回復。魔法にMPの概念がない。要するに一戦一戦が本気モード。「持ち越し概念のない通常戦闘」とでも呼びましょうか、これが一点。もう一点はオプティマ。

この二つが合わさり最強にクソゲになってしまうのだ。

簡単にオプティマというものを説明すると戦闘中にセットした3人の職業のこと。攻撃攻撃回復とか防御攻撃回復とか攻撃攻撃攻撃とかそういうの。そして戦闘の基本は「チェーンゲージ」というものを貯めて、一定以上溜まると相手が弱体「ブレイク」します。

それでもうちょっとヘヴィな話になると攻撃がアタッカー(A)とブラスター(B)の2種類あるんですよ。Aは火力Bは相手の耐性を下げる火力。そんでそんでオプティマは変更時に硬直があるんですがこの硬直は攻撃モーションに入っているとキャンセルできます。さらにさらにオプティマは12秒おきぐらいに変更した瞬間に行動ゲージが全回復するという特性があります。

つまりですね、一戦一戦をですね、ABB>BBBと12秒毎にモーションをキャンセルさせながら戦うとものすごく強いのですよ。というかしないと敵が結構強いから厳しかったりします。しないと一戦が滅茶苦茶ながい。

つまりですね、強い敵にはMP使って一気に畳み掛ける、雑魚はたたかう連打で十分、ボス前はMP温存して強敵に備えよう、回復アイテムの数を考えて戦う回数を決めようとかそういう戦略面が全てスポイルされています。

もう雑魚もボスもABB>ABH>DDD>DHH>ABB>BBB>AABみたいな流れを永遠とするこのダルさよ。戦闘にスパイスがないのです。かといってABHだけでずっと戦うというのは超非効率でもうとにかくモヤる。難しくしたいならもっともっと戦略、戦術シミュレーション要素取り入れて難しくしてくれ、ダルいだけだクソ。斬新ではあるし、理解するまではそこそこ楽しいですが慣れると本当に面倒なだけのシステムだと思います。

雑魚戦は楽に、強めの雑魚は考えて、ボスはしっかり対策、こういうのがRPGのバトルとしては最高だと思うのですが如何でしょうか。


ストーリー
メインディッシュです。ff13、ff13-2の全てを台無しにする超クソシナリオです。ff13-2とかラストのちょびっとをLRの方のオープニングでやってくれれば神ゲーになれたんじゃないだろうか。当然3作目を未プレイの私がシリーズの評価を下すことはありませんが1、2を遊んだ時点で感じたことを書いていきます。

まず何から話せばいいか分からないクソさですがRPGにおけるストーリー、シナリオの重要性について考えて見ましょう。

ロールプレイングゲームというのはプレイヤーが役割演技するゲームということです。目的はその世界のキャラに感情移入し、その世界を感じること。つまりRPGでもっとも大事な要素は綺麗なムービーでも美しい曲でも臨場感あるバトルでもありません、ストーリーです。それらはシナリオを盛り上げるためのスパイスでしかないと私は思います。

だからこそ勇者がドラゴンを倒すというだけのストーリーが楽しく感じるのです。だって勇者はあなたなのだから。

しかし、CG技術の向上により、キャラはより人間らしい出で立ちになってしまった。ドットキャラクターを脳内補完するプレイスタイルとは打って変わって声優のボイスがあてられる。

つまりより一層、心理に深みが必要になりその分シナリオの難度も上昇する。

そんな中綺麗でかっこいいムービーを作ることを最優先し、ストーリーをそれに沿って作ったらどうなるだろうか?ff13とはそんな作品であると言える。

最初から最後まで主人公達が明確な意志を持つことなく、ただその場その場の状況に流されてゆくだけのストーリーなのだ。しかも心理描写が全然なくてキチガイばかりに感じてしまう。

さらにゲームをしているだけでは必要な情報が入ってこないのでシステムの予習復習ノートみたいなものを読みながら、さらに色々な設定を読みながらでないと全然理解できないストーリーなのだ(読めば理解できるとはいっていない。

そして理解とかいう問題以前に辻褄が合わない事象だらけで頑張って覚えた造語も結局特に意味を成さない。難解なストーリーではなく意味不明なストーリーになっているのだ。

簡単に説明するとこうだ。

コクーンのパージに巻き込まれた面子がパルスの遺跡でパルスのファルシにルシにされてしまう。ルシは迫害される運命にあり、皆絶望するがそれぞれに理由をみつけ一度は離散するも再度集まるが衝撃の真実を知る。コクーンの聖府代表ダイスリーは実はコクーンのファルシのバルトアンデルスであり、コクーンのファルシはパルスのファルシのルシを利用しコクーンを破壊しようと企んでいた。パルスのルシにコクーンのファルシオーファンを破壊させようとするバルトアンデルス、ルシ達はそのようなことには利用されないと意気込むが何をすればいいのか分からずバルトアンデルスの言いなりになってファルシオーファンを破壊する。当然コクーンは崩壊するが奇跡的に本来コクーンを破壊する力、魔獣ラグナロクに仲間二人が変身し、コクーンの破滅を助け防いだ。

あほかとばかかとという話です超簡潔です。まじ意味不明です。
なので翻訳したいと思います。


コクーン町の粛清政策に巻き込まれた面子が町の遺跡でパルス都の魔法使いに奴隷にされてしまう。奴隷は迫害される運命にあり、皆絶望するがそれぞれに理由をみつけ一度は離散するも再度集まるが衝撃の真実を知る。コクーン町の村長ダイスリーは実は魔法使いのバルトアンデルスという名であり、コクーン町の魔法使いはパルス都の魔法使いの奴隷を利用し自分の町コクーン町を破壊しようと企んでいた。パルス都の奴隷にコクーン町の魔法使いオーファン元老を殺害させようとするバルトアンデルス、奴隷達はそのようなことには利用されないと意気込むが何をすればいいのか分からずバルトアンデルスの言いなりになって魔法使いのオーファン元老を殺害する。当然コクーン町は崩壊するが奇跡的に本来コクーン町を破壊する力、魔獣ラグナロクに仲間二人が変身し、コクーン町の破滅を助け防いだ。


つまり意味不明です。
公式の内容を翻訳してもまだ意味不明です。なので自分なりに説明します。


その昔、気まぐれな神様達がいました。
神様は世界をひとつ作りました。ついでに魔法使いと人間も作りました。魔法使いには特権階級を与え奴隷の所持を許可しました。

ある日、とある魔法使いが建設費用を横領し新しい町を空に建設しました。コクーン町と名づけて大量の魔法使いと人間を連れてそこに引っ越しました。

パルス都の魔法使い達はカンカンに怒ってしまい奴隷達にあの町を潰せと命令します。そしてコクーン町とパルス都は大喧嘩の毎日です。

しかしコクーン町の魔法使いにはある目的がありました。
神様が全然様子見にきてくれないから大事件を起こして気を引こうとします。

世界の人間が大量に死んだら神様は見にきてくれるかなー?

ということでコクーン町は実は最終的には大虐殺する為の舞台なのです。

でもさすがに自分で大虐殺するのはまずいからパルス都の奴らを利用しようぜ!

というわけでパルス都の嫌がる奴隷を手厚く接待しているうちにコクーン町を滅ぼしてもらえました。

ただやっぱり奴隷は嫌がっていたので中途半端に崩壊した感じでした。

めでたしめでたし


これがff13。

ちなみにff13-2は時空を越える旅をして未来を救おうぜ!→色々試したけどやっぱだめだったわ・・・ガク(死

まぁ、2は置いておくとしてff13はまじで笑えない。大儀がないのです。
主人公達はウジウジ悩んでるだけで結局ボスの言いなりになってしまう。そしてそのボスも神様呼びたいってだけ。実際呼べるのかは分からない。

一応主人公達の希望や理想も分かります。コクーンからファルシを消して本当の自由な環境で暮らしたい。
でもそれってつまり

うるさい親を追い出して自由気ままに暮らしたいニートと同じ発想なんですよ・・・

コクーンでもパルスでも生活する術を持っていませんから、この時点の人間は。

そしてストーリーに纏わる余りにも大量の矛盾と心理描写の欠如、これらを総合すると本当にこのシナリオは駄作であるといえます。

まず今言ったように人間はファルシに衣食住を提供してもらっています。しかし、ff13-2になると何故かコクーン内部でも人が暮らしているらしいです。パルスで生産したものを運送しているのでしょうか?コクーンは機械仕掛けのハイテクな都市故、コクーン内で生産する程の技術力があるとは到底思えませんが。

本当に分からないことだらけのff13。例えば

何故ファルシアニマは眠っていたのか
何故セラはクリスタルになったのか
何故セラの集めた人間にルシの適正があったのか
ファルシはルシ以外でもシ骸にすることが出来る?
シドは何故クリスタルになったのか
そして何故操り人形なのか
何故オルバ郷に救いの手立てがあると思ったのか
何故コクーンのファルシは自分で破壊できないのか
何故ファングの紋章は焼け焦げているのか
何故パルスのファルシが襲ってくるのか
何故オーファンとパルスのファルシがリンクしているのか
何故セラとドッジのクリスタル粉々になったのに元に戻れたのか
何故セラとドッジは面識ないのにエンディングで仲良くでてきたのか

分かる方いれば出典を添えて教えてください・・・
でも仮に全ての内容に辻褄がいくことがあったとしてもそれがff13のゲーム内単品で分からない時点でクソシナリオなんですけどね・・・


そして最後にストーリーに関係する大事な役者のキャラクター。このキャラクターのほとんどに魅力がない。というか感情というか個性がない。

ひたすらに被害妄想と加害者意識の塊で気持ち悪いレベル。

例えば私がこのゲームで大嫌いなホープ。

彼の母が序盤に死ぬわけですがそれはスノウのせいだとゲーム中の半分はずっと恨んでいます。

スノウはパージ政策(粛清)の対象者を助けるべくチームで救出活動を行います。そしてホープの母ノラも戦闘に志願します。ホープは志願しませんし本気で止めません。やがて軍隊との戦闘になりますがスノウがピンチになった時にノラが助けてくれます。その直後爆発に巻き込まれ、道路が崩壊し、何とかノラを支えながら落ちないように奮闘するスノウ。しかしノラは死を免れないと思いスノウに息子を頼むと言い残して落下死します。スノウは息子って誰のことなんだよと困惑しつつノラを守れなかったことに苦しみます。そして息子が誰か分からないなら全員守ればいいじゃないかという結論に達するのでした。

まぁ、スノウも同じ高さから落ちたんですけどね・・・

こういうところですよ、ff13がクソゲーな理由は。

問題のシーン。6分40秒からガトーさんの腹筋と共にお楽しみ下さい。


まぁつまり完全な逆恨みなわけです。
大前提としてスノウが助けに来なければどのみち全員死んでいました
スノウには助けられなかった非はあるのかもしれませんが怨まれる筋合いはありません。

それで一応物語中盤で和解するんですがもうそこの心理描写が最悪で終始上から目線のホープ。スノウはスノウでノラを守れなかったことをものすごく後悔していて何をしてでも償おうとします。

ちなみにホープは母を失い、ルシにされ生きることに絶望しておりスノウへの逆恨みを糧になんとか生きている状態です。本人も逆恨みと認識していますが復讐を理由にしか生きていけないメンタルです。

せめて和解シーンでホープが泣きながら逆恨みと分かっていながら復讐しようとした、ごめんなさい!とか言っていれば多くのレビューにあるようなクソガキ扱いはされなかったと思うのですが。だからこそ余計にスノウの加害者意識がおかしく感じます。

他にはヴァニラの加害者意識が非常に気持ち悪いし、それに対するサッズの被害者意識もおかしく感じます。

コクーンのプラントの見学中にヴァニラとファングがプラントを襲撃、たまたま居合わせたサッズの息子ドッジがコクーンのルシにされてしまう。

近くに警備兵や衛兵がいるにも関わらず何故か6歳の少年をルシにします・・・

はい、シナリオがクソですね。

ルシはいくらでも大量に作れるし、使命を果たそうとするかどうかは特にルシの生成には関係ありません。ヴァニラは自分が使命から逃げているからセラをはじめ多くのルシを生成してしまったと思い込んでます。いやでもぶっちゃけファルシの気分次第だから。それなのに自分の知人がルシと知るとこのルシはワシが育てた状態の加害者意識です。

「私が使命から逃げるから私の回りの人がルシの被害にあうの?逃げてたらだめなのかな・・・。しっかり受け止めなきゃ!」
ぐらいの感じに抑えて欲しいです。

なんせ「あぁ、私が逃げ回るからみんながルシにシクシク、全部私のせいだグスングスン、もう私を殺して」もうこれメンヘラですよね?本人もルシの被害にあっているのだからここまでの加害者意識を持つのは非常に不自然に感じました。

ただまぁ、自分達の目の前で幼い子がルシにされ、その子が実は今まで一緒に逃避行していたサッズと分かれば気に病むのも分かります。

そして当のサッズはというと自分もルシになりその辛さや絶望を味わって、一緒にヴァニラと逃げてきました。プラントの騒ぎがヴァニラ達の起こしたことで、それで息子がルシになったことを知るとヴァニラに銃口を向けます。いやいやちょっと待てよ。

銃口を向けるということは、お前がいなければ俺達はコクーンでよろしくやってたのに巻き込みやがってということですよ。殺したいわけですよ。

そもそもヴァニラが6歳児を差し出してルシにする代わりに見逃してくれってファルシに頼み込んだとかなら理解できる憎悪ですがこれは明らかに被害者意識が不自然に強過ぎます。

プラントの出来事は双方にとって事故のようなものでサッズもヴァニラの苦悩は理解できる立場にあります。確かにお前のせいで!!!というような感情になるのは理解できるけど銃口向けて殺そうとするほどサッズは人間腐っていません。

「お前のせいで息子は・・・何で黙ってたんだ!!?・・・・いや、不運だったのは分かっている。もう父ちゃんは疲れたよ(自分の頭に銃口」ぐらいに抑えて欲しいものです。

ヴァニラに銃口を向けるのは明らかに憎悪が激しすぎておかしいしサッズのキャラ的にそこまで幼い思考回路ではない。とっても不自然に感じました。

問題のシーン。9分30秒からナバートさんのおっぱいと共にお楽しみ下さい。


サッズも物語の最後の方でプラントにはお互いたまたま居合わせたんだ、と言っているので事故であり、ヴァニラとファングを憎むのは筋違いということも分かっているはずです。しかしこれもしヴァニラじゃなくファングだったら撃ち殺してたんでしょうかね?

死んで許されると思ってるのか!

じゃあどうすればいいのさ

自分で考えろ!

分からないよ

俺もわからないもう死のう

完全にキチガイですわ。このイベントのみサッズの思考回路が幼稚過ぎてキャラ崩壊してるように感じます。

ものすごい違和感のあるイベントでした。

こんな感じでキャラクターの加害者意識と被害妄想がおかしいぐらいに高くてちょっとキチガイじみています。そういった感情の激昂を表現するようなシーンや生い立ちがあればまだ理解も出来るのですが。というかそういった細かい心理描写が全然ないので各キャラクターの行動や心情を不自然に感じてしまうのです。

ライトニングさんなんて終盤は閃光どころか空気ですからね。

あとはファングとヴァニラの関係が同郷ということぐらいしか説明されないのにお互いの絆が強過ぎるとかですね。ここらへんもどうしてそんなにお互いの絆が強いのかという描写が必要でしょうに。同郷のルシというだけでは説明しきれないですね。姉妹でもお互いのことをこんなに気にかけませんわ。もう完全にシザリングしてますわ。個人的にはファングがネコの方が燃える。ついでに言うとヴァニラは矢口に全然似てないから、いい加減にしろ!

こういったキャラクターの心理描写の欠如は結局大量の無駄なムービーに起因していると思うんですよ。ちょっとした会話シーンすらムービーなので実際にこのキャラクター達がゲーム中に喋っている言葉が少なすぎるんです。本来ならゲーム画面でそのまま会話シーンを読むというのが今までのゲームのパターンだったし、そうしないとテキスト量が極端に少なくなってしまい心理描写を伝えきることが出来ずにキチガイ化するんじゃないかと思います。

丁度ff7のリメイクをやっているらしいのでff7を例に挙げると

あ、多少ff7のネタバレになると思いますのでご注意を

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
クラウドとティファがライフストリームにのまれてクラウドの記憶を回復させるイベントとかをムービーで処理したらおそらく意味不明なことになると思います。

クラウド「俺はみんなに嫌われたくないから経歴詐称していたんだ」
一同「は?(なにこのネクラ?」

ナナキとか大人ぶりたいただのクソイヌに成り下がる危険性を孕んでいます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

以上のようにムービーで容量を食うということは映画のように2時間で心理描写からシナリオを完結させる必要があるので起承転結のような構成は通用しなくなります。故にスクエニに映画を作れる人材がいないのでこういうクソシナリオが完成するのではないかと思います。自分達はゲームを作成する会社ということを再認識し、ゲームとは何かを一から考え老害は若いものに席を譲れるようになるといいですね。

そんなわけでff13のクソシナリオをクソ説明できてクソスッキリしましたクソ。ff13はクソゲーだけど嫌いかといわれると好き、という妙な評価の作品になるのはこういった理由からなんじゃないかなと思います。

ちなみに私はスノウがかなり好きです。
まっすぐに芯が通っていてセラを大事にする気持ちが伝わってきます。例えセラ連呼してキチガイのようでも、例えダイスリーの擬態だと見抜けなくて抱きついたとしても。

正直一般的に滅茶苦茶評価が低くてびっくりしたぐらいです。
なんでや、めっちゃいい奴で格好いいじゃないですか。

クラウドはネクラだし
スコールはコミュ症だし
ティーダは寝取られ野郎だし

スノウいいじゃないか、うん。海外のレビュー記事とか掲示板ではかなり評価が高くて好きって人が多かったのも面白いなーと思いました。

プロポーズのシーンとか最高で俺も正直使いたい。「絶対に幸せにするぅ!」

本当にストーリーさえなんとかなればいい作品なのに・・・
行き当たりばったりでジエンドとかRPGの意味ないでしょ・・・


私の理想としては、主人公達がダイスリーに言われるがままに動いていてはいけない、なんとかコクーンの人々に真実を伝えなければ!と使命感を持ち、騎兵隊、シド、サイコムのロッシュ、一命を取り留めたナバートの力を借りてコクーン市民を説得し避難させる。

生贄のいなくなったコクーンでオーファンと最終決戦。

スノウ「ようやくこの時がきたな、ニィ」

ライトニング「みんなで誓ったんだ・・・コクーンを守るとな!」

オーファンに勝利するも崩れ行くコクーンの中で死を覚悟し立ち尽くす主人公達。しかし魔獣ラグナロクとなり奇跡の大脱出。

ライトニング「まるで・・・奇跡だ」

からの「絶対幸せにするぅ!」だったら文句なしで興奮するシナリオでした。

長々と書きましたが、本当に長々と書きましたが以上のような理由で私はff13はクソゲーだと思っているし、クソゲーにも関わらず好きだし面白いと思っているのです。

FF13ライトニングリターンズはすごく良いゲームで3部作にふさわしくエンディングもいいと評判なので非常に期待しています。

確かsteam版は春頃予定だったはずだけど、あ~~秋に延びていますね。
なになに、秋頃だけど発売の目処が経っていないので情報がでたら掲載します・・・だと?

やっぱりff13シリーズってクソだわ^A^#

ユーザープロファイルのフォルダ名を変更する 

Windows7におけるC:\Users\(user-name)フォルダの変更は単純な名前の変更やユーザー名の変更をしても変えることが出来ません。かといって新しいユーザープロファイルにして作り直すのも色々カスタマイズしているから大変。そんな方の為にユーザーフォルダ名の変更の仕方を記事にしました。

例えばWindows7をインストールした時のユーザー名を「ふにゃぶろ」にしたとします。するとユーザーフォルダ名もふにゃぶろになります。

しかしコンピューターを扱う上で全角の2バイト文字をフォルダ名にした場合、多くの予期せぬエラーに見舞われることになります。
つまり出来ればフォルダ名は「funyablo」にするのが望ましいわけです。しかしこれを簡単には変更出来ません。

以下の手順でwindowの引越しツールやユーザーアカウントを変更したりすることなくユーザープロファイルフォルダを変更できます。

※作業工程にはレジストリの変更を含みます。誤った書き換えをした場合windowsが立ち上がらなくなる恐れがある上に、メーカー製のパソコンの場合は責任を負わないと明言しているところもあるので自己責任で作業にあたって下さい。


1、フォルダ名を変えたいアカウント(例:old name)でログインする。


2、このアカウント(例:old name)のテーマを保存する。
changinguserprofile1.jpg


3、C:\Users\(user-name)フォルダに共有ファイル等があれば一時的に共有を解除する。後に再共有可能。


4、一時的に必要なので管理者権限のあるユーザーアカウントを作成する。後に消して構わない。既にあるならば必要なし。
コントロールパネル→ユーザーアカウントの追加または削除→新しいアカウントの作成
changinguserprofile2.jpg



5、フォルダ名を変えたいアカウントからログオフする。
changinguserprofile3.jpg


6、管理者権限のあるアカウントでログインする。フォルダ名を変更したいアカウント(例:old name)でのログインは不可。


7、C:\Usersを開き変更したいフォルダ名(例:old name)を右クリックし名前の変更をクリック。
コンピューター→ローカルディスクC:→ユーザー
changinguserprofile4.png


8、変更したい名称を入力する(例:new name)。ユーザーアカウント制御(UAC)がでたらはいをクリック。
※もし名前の変更が何らかの理由で出来ないようであればセーフモードで起動し名前の変更を試す。


9、スタートメニューからregeditと入力、UACがでたらはいをクリック。


10、regeditから下記の場所まで移動。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList

左側のProfileListを開き、S-1-5-.... ではじまる文字列を一つずつ確認して名前を変えたいフォルダ名(例:old name)が右側ProfileImagePathにでるまで探す。


11、右側に(例:old name)をみつけたらProfileImagePathを右クリックし修正をクリック。
changinguserprofile5.jpg


12、他には手をつけずに(例:old name)のみを変更したい名前(例:new name)に変更する。変更できたらregeditを閉じる。
changinguserprofile6.jpg


13、Windows + Rキーを押してファイル名を指定して実行を開き、netplwizと入力して実行。


14、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目にチェックを入れる。(例:old name)を選択してプロパティをクリック。
changinguserprofile8.jpg


15、ユーザー名とフルネイムを新しい名前(例:new name)に変更してOKをクリック。
changinguserprofile9.jpg


16、再起動して新しく名前を変更したアカウント(例:new name)にログインする。


17、画面の背景が真っ黒ですが正常です。ステップ2で保存したデスクトップテーマを呼び出す。ステップ3で共有していたフォルダを再共有できるようにする。ステップ4で一時的に作った管理者権限のアカウントは必要ないのであれば削除する。


18、うまくいかなかった場合にこのブログを糾弾しない。



以上になります。レジストリを弄ったりするのでくれぐれも分からないことや不明瞭なことがあった場合には無理をしないようお願いします。windows立ち上がらねぇとかいわれても責任はとれませんのであしからず。

ユーザーフォルダはコンピューターに慣れてない人がうっかり本名をつけてしまったり、全角2バイト文字をつけてしまったりして変更したいのに変更できないところです。検索しても上記のような方法をみつけることができず海外サイトに分かりやすくて丁寧な説明があったので同じように記事にしてみました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

ドラゴンネストはじめました 

前々から気になっていたけど手をだしていなかったドラネスなるものをトライ。

廃課金で有名だったけどいい感じになってきたとのレビューを読んだのではじめてみました。これはなかなか面白い^A^

まだはじまったばかりのアルゼンタサーバーで開始。取引所がほとんど機能していないので感動を覚える。人口増えなかったらオワコンだけどじわじわと人増えたらすごい楽しそう。

そんなわけでクレリックでスタートしてパラディンになりました。
頑張ってpvp遊びますん^A^シュアアアww