初めてのパーティー 

AIONでのパーティープレイに必要な知識を記事に致しました。

ソロも楽しいんだけどちょっと一人で遊ぶのも物足りなくなってきた方、パーティーを組んでみたいけど色々分からない事が多くて躊躇している方に向けての記事となっております。

この記事はひとつのマニュアルとしてすべてを鵜呑みにせずにお役立て下さい。
自分なりのスタイルを確立する為のはじめの一歩として読んで頂けると幸いです。

(文章量が多いので簡易版を用意致しました)

簡易版
http://funyablo.blog.fc2.com/blog-entry-102.html

パーティーに参加する為の心構え

「一人で成しえない事を多人数で成功させること」
パーティーを組むということはそれぞれ個人の思惑をひとつの組織としてまとめることである。

アイテムが欲しい
レベルを上げたい
みんなとチャットしながら遊びたい
はじめて挑戦するから攻略したい
効率的に無駄なく攻略したい
自慢したい
一体感を感じたい

色々な方が色々な目的を持っていて、それをひとつの簡易的な組織にまとめるのがパーティーである。
目的を明確化せずにパーティーを組むと口論や喧嘩の種にも成り得るものであるという認識をまず持って頂く事が重要である。

利害一致の関係を築いて、時には他人に譲り、時には他人に合わせる持ちつ持たれつの心構えを持って臨むべきである。



パーティーに参加する為の準備

初めての方からベテランの方まで集まるパーティーでは最低限の準備が必要になってくる。
最低限の装備と最低限の消耗品をまずは準備しよう。

最低限の装備はパーティーを組んで挑む場所よりも一段階低い装備品。

例えばレベル25から入場可能な「ノフサナ訓練場」はレア装備にノーマル魔石を全身に入れた15~25の装備品が最低限みんなで気持ちよく攻略するのに必要な装備となる。

レベル40から入場可能な「スティールクロウ号」に必要な最低限の装備は「炎の神殿」「カイダン/フォグメーン」や普通に狩りをして手に入るレベル30~35程度のレア、レジェンドの装備である。

レベル50のインスタンスダンジョンにレベル10のノーマル装備で参加してきたら嫌な気持ちになる人が大勢いるということである。反対にレベルよりも優秀な装備を強要するような人を不快に思う方も大勢いるということに留意する必要がある。

次に最低限必要な消耗品はレベルに応じたスキルを学ぶ、各種回復ポーション、各種食べ物飲み物、各種スクロール、復活系の精霊石などである。具体的には以下に記述するので公式のパワーウィキと併せて効果や入手方法などを調べて欲しい。

HP/MP回復のポーション
HP/MP回復のアビスポーション
各職に有用な食べ物/飲み物
勇気/覚醒/疾走/狂風/衝撃緩和/属性強化/クリティカル強化のスクロール
復活の精霊石
蘇生の精霊石/復活の碑石

ポーション、食べ物飲み物やスクロールは特に値段も張るので自分の経済状況と必要な効果を考えて常備するものを決めよう。オススメはレベル帯にあった安い消耗品を常備しておき最高級の消耗品を5~10個程用意しておくと経済的にも厳しい序盤でもうまくやりくりできると思われる。



基本的な立ち回り

パーティーでは職に関係なく三つの大きな役割が存在する。

タンク・・・・・・・・・敵の攻撃を耐える役
ダメージディーラー・・・敵を倒す役
ヒーラー・・・・・・・・味方を回復する役

さらにパーティーを有利にする為の役割も存在する。上記と兼業する場合がほとんどである。

クラウドコントロール・・敵を無効化する役
デバッファー・・・・・・敵を弱体化する役
バッファー・・・・・・・味方を強化する役

よく使われる名称として
タンクは盾職、tank
ダメージディーラーは火力職、damage dealerの頭文字からdd
ヒーラーは回復職
クラウドコントロールはcrowd controlからcc
バッファー、デバッファーはバフ、デバフと呼ぶことがある。

敵の攻撃を誰よりも耐久力が高いタンクが受け止めている間に、耐久力のもっとも低いダメージディーラーが敵を倒す。タンクが死なないように耐久力の低いヒーラーは回復をする。

この流れが基礎中の基礎であることを覚えておいて欲しい。



ヘイトの理解

次にパーティーではヘイトの理解が必要になってくる。

モンスターが誰に攻撃するかを決定するパラメーターをヘイトと呼ぶ。ヘイトは表示されない隠しパラメーターで戦闘中常に上下している。

ヘイトとは簡単に言うとモンスターのイライラ度のようなものであり、このイライラ度が最高値のキャラクターにモンスターは攻撃を仕掛ける。

つまり盾がなるべくヘイトを稼ぎ、火力と回復はなるべくヘイトを稼がないように動くことが求められる。

簡単な例としてパーティーが全滅する原因を記述しておく。

盾がヘイトを稼げずに火力がヘイトを膨大に稼いでしまうとモンスターは火力職を攻撃しはじめる。火力を必死に回復するも耐久力がないので耐えられずに火力職が倒れる。今度はヒールでヘイトが溜まった回復職にモンスターは攻撃をはじめ耐えられずに倒れ、最後に残った盾職は回復も火力もないのでじわじわとモンスターに殴られパーティーは全滅する。

この場合は各職がちょっとした知識を持っていれば全滅を防ぐ事ができる。

まずターゲットを奪ってしまった火力職が攻撃を即やめて盾がヘイトを稼ぐのを待つ。

もし火力職の知識がなく攻撃したままヘイトをとっていた場合は回復職が火力職へのヒールをやめてわざと死んでもらうようにする。これにより火力職は倒れてしまうがヘイトは盾が維持したままなので盾にターゲットが戻り、基本の三役に戻ることができる。この場合の火力は盾になる。死んだ火力職は余裕があれば蘇生をし、なければそのまま沈静化するまで放置で構わない。

上記の例の様にヘイトの仕様を理解していれば味方が死ぬのを一方的に悪いことであるという認識が間違っていることに気づくであろう。

余程のことがない限りは全滅ということはありえない。
全滅した場合はヘイトの移り変わりと各職がどう動いたかをよく観察し、原因を特定して次に活かそう。



蘇生と立直し

パーティーで攻略を行っているとモンスターにやられて死んでしまうこともあるだろう。それが戦闘の真っ最中であった場合には誰が蘇生をするのだろうか。

三役で一番手隙な火力職が蘇生やサポートに回るのが正解である。

蘇生スキルのあるキュアやチャントがするべきという考えは完全に間違っているので誤解しないように!

その根拠として味方が倒れる程の激しい攻撃を受けている時に回復の手を休めて5秒以上もかかる蘇生を詠唱したらどうなるか、一人また一人と倒れ、いずれ蘇生している者も倒れるのは必然である。

盾と回復は態勢を維持しながら火力が速やかに倒れた仲間を蘇生すれば戦闘中でもスムーズに立て直すことができる。盾や回復が蘇生にまわると態勢の維持が困難になり全滅の原因となるので気をつけよう。

又、自分たちのパーティーの許容量を超えた数の敵に襲われた場合には逃げることができるならしっかりと逃げるべきである。無駄な回復や粘りをする必要性は全くない。

全滅は必須で逃げられない場合は敵がいない場所で蘇生できるように死ねば全滅のあともスムーズに立て直すことができるのでパーティーの許容量はしっかりと把握すること。

火力がいけると判断する場合と回復がいけないと判断した場合は素直に回復の判断に任せる。
間違っても数人は戦って、数人は逃げてばらばらなんてことにならないよう判断力を養って適切な判断を下そう。



先導とサインFA

多人数のパーティーになるとまとめたり先導したりする人が必要になる。

先導もサインFAもどの職がやっても問題はないが職の特性上ソードウィングとシールドウィングがもっとも適している。

サインとは味方が敵をどのような順番で倒すかを伝えるためのものである。
FAとはfirst attackの略と思われるが一番最初に攻撃をしかける人のことである。

敵を倒す順番と攻撃を仕掛ける役割は分担するよりも一人に任せたほうが混乱しないので主に兼業となっている。

サインは敵を倒す順番を理解していない人がいる場合や、意思疎通ができていない場合に簡易的に使うものであり効率を追求した場合、サインに頼っているものは実力がないと判断していいものであると個人的には認識している。

モンスターにも我々と同じ役割分担があり盾役、火力役、回復役と別れている。
主なモンスターのタイプを記述する。

↓脅威が低く優先順位の低いモンスター

↓耐久力の高い盾形タイプ
↓火力の高い近接物理タイプ
↑火力の高い遠距離物理タイプ
↑火力の高い遠距離魔法タイプ
↑回復のできる魔法タイプ

↑脅威が高く優先順位の高いモンスター

見分け方としては主にモンスターの名前で判別可能であるが、盾形のタイプは体が大きい、火力タイプは体が小柄で遠距離タイプは弓を持っていたり投擲武器を持っている等でも判別が可能である。

パーティーの基本的な立ち回りで記述したものを理解していれば自ずと何から狙えばいいか目星がついてくるであろう。

基本的なサインの順番は以下のようになる。

回復1→遠距離火力2→近接火力3→盾4

自分のパーティーにモンスターを睡眠などで無力化できるcc職がいる場合は

遠距離火力1→近接火力2→盾3→回復zzz

となり、回復は最後の最後まで眠らせておくことができる。一番合理的な方法は火力を眠らせ回復から叩く方法だが回復系のモンスターは睡眠などの妨害魔法を治癒してしまうので上記のような順番になる。

又、遠距離火力と近接火力のモンスターの場合に遠距離が優先されるのは近接のモンスターは走って攻撃を避けることができたり、足止め系のスキルで妨害して距離をとれば攻撃を受けないからである。遠距離は完全に無効化しないと攻撃がビシバシ飛んできて回復職にターゲットが移った場合に耐えられなくなるからである。

順番を間違えるだけで攻略難易度は一気に跳ね上がるのでパーティーの編成と敵の強さを見ながら合理的なサインの順番を覚えてパーティーを先導しよう。



各職の役割

ここでは各職に一般的に求められることと、少し具体的な内容を記述していく。


ソード
タンクとダメージディーラーが可能な職。
盾役と火力役で動きががらりと変わるので二つの役をこなせるようにしておこう。
・範囲攻撃を有効に活用し、他職のccを妨害しないように気をつけること
・釣り用に弓も常備しておくことが望ましい
・レベル40程度から狩りでは二刀流が圧倒的に強いので二刀流を使うことが望まれている


シールド
タンクが専売特許の職。
安定した防御力と堅さででソードにはできない攻略方法を求められる。
・堅さが必要な場面と火力が少しでも欲しい場面で武器を切り替える柔軟さが必要


シャドウ
近接物理のダメージディーラー。
タンクのヘイト量と自分の堅さで火力の調整を求められる職。
・火力が高くてもターゲットを奪ってすぐ死んでしまうようでは意味がない
・範囲攻撃などは優秀なスキルでなるべくよけることが望まれる


ボウ
遠距離物理のダメージディーラー。
cc能力にも長けているのでタンクやヒーラーが辛そうなときはサポートも望まれる。
・cc能力が高く敵を一体無傷で狩れる性能を最大限発揮しよう
・タンクがモンスターを引いているときに鈍足やノックバックをしない
・FAを先走って撃つと嫌われる傾向にあるので注意されたし


スペル
高い瞬発火力と豊富なcc能力が魅力的な職。
ccに長けているが故に厳しい状況でccしないスペルは失望されやすい。
・スキルの合間にサモンチルを入れて火力を上げよう
・とにかく耐久力が低いのでしっかりした立ち位置を見極めよう


スピリット
デバッファーとして需要のある職。
ドロップ率アップの唯一のスキルを所持しているので、そのスキルを重宝してくれる人にとっては大事な存在。
・フィア系のスキルはしっかりと操れるようにしておこう、大惨事になりやすい
・ディケイはボスやネームドには必ず入れること
・バリアを剥がすのはスピの専売特許、この腕が高いほど重宝される
・封鎖、沈黙をしっかり使いcc、デバフでパーティーに貢献しよう


キュア
回復のスペシャリスト。
非常に重宝され、1ptに1キュアと言われるほどの人気職。
・状態異常を唯一解除できる職なので最優先で状態解除が求められる
・味方の動きに左右されやすい職なので意思表示はしっかりと


チャント
バッファー兼ヒーラーの効率職。
万能であるが故に状況判断が一番求められる職。マイクロマネージメント!
・インスピを15秒毎に入れることが求められている職なので切らさないように
・攻撃、回復、補助を適切に判断しながら役割を変えることが求められる
・バフやマントラもこまめにチェックしてきらさないようにしよう



以上、初心者の方がパーティーで楽しく遊べることを心から願っております。
ここは違うだろう、そこはそうじゃないよという意見がでてきたならあなたも立派な中級者です。

自分なりのスタイルを確立して楽しいAIONライフを満喫して下さい。