初心者の装備選定法 

黒い砂漠の記事には装備のステータスや種類を多く載せた記事がありますが、ではいったいどのような基準で装備を決めて更新していけばいいのかという記事は見当たりません。

ここでは初心者の方がどういった基準で装備を選定していくかという内容を記事にしたいと思います。

※というような内容の記事を7月に書いていましたが職性能や経済の変動が大きく、それにあわせて何度も書き直ししていたりするうちにゲームへの不満でモチベがどんどん下がり引退状態になってしまいました・A・`

まだ覚醒職が全然揃っていない時期で尚且つ現在の仕様や経済状況を把握していないので的外れな記事になっているかもしれませんが、コアの部分は変わらないだろうと思いせっかく頑張ったので一応載せておきます`・A・


【コンテンツ】
最終装備
命中補助
アクセ選び
防具選び
武器選び
リベルトのすすめ
購入か自力強化か

ある程度理解していて時間のない方用に記事の中で説明するおすすめ装備を掲載しておきます。

【要約】
武器:極バレスorリベルト
補助:各種命中補助
防具:フィーボorヘラクレス
アクセ:攻防混合アクセ
購入

根拠や理由等詳しくは続きからどうぞ!

尚、黒い砂漠のバランス調整は頻繁で、性能や相場の崩れ方も激しいので、現在の環境と著しく違う場合はもっといい装備の更新方法があるという点に留意して下さい。

必殺技 

その名もハートレスふにゃブロウ!

この技のおかげで赤戦で十人隊長がとれて、金塊がザクザクドロップして彼女ができました!この喜びをみんなとも分かち合いたいのでパールを持参してうんたらかんたら

この59を夢見て頑張ってウォリをやって参りました。本当に文句ない性能です。

海賊島が潰されてから即フィラク監獄に収容され

収容初日収容初日

くる日もくる日も海賊島での流刑を囚人達に語りながら、時に殴り合い殺し合い、そんな俺らを止めにきた看守も今ではエリクサーを一杯やりながら集まってくる仲間になった。卑劣な流刑者も海賊島の武勇伝を聞かせてやったら「俺もいつか海賊になるわ」とか言ってワンピース全巻大人買いしてた、まじ卑劣。

そんな愉快な連中ともとうとうおさらばすることになった。憧れの59だ。
最後の出所にはシャバからの友人も駆けつけみんなで狂喜乱舞した。

出所ログ

さよなら囚人のみんな、看守のみんな、楽しいひと時だったぜ!
大量の餞別を受け取りふにゃぶろは監獄をあとにした。

フィラペいっぱい

シャバの空気を満喫しながら

やった!これでようやく59のSRぶちのめせる!追いついたぞ!
ハウジングでインテリアに凝って女の子よんじゃうぞー☆ミ
オガリン真lllにして攻撃力200超えちゃうもんねー

などの夢を抱いたふにゃ氏。



数日後にSRが60になり、700mのオガリン真lを握り締めながら監獄の仲間に当り散らす事をこの時の彼は知る由もなかった・・・

出所 

ピースさんへ

レベル59達成

まだ58ですか?^A^
シチルも壊れたんですか?^A^


強化ってのはこうやるんですよ^A^












砕けました

うわぁあぁぁっぁぁぁ
もういやぁぁあぁぁぁっぁぁぁ >・A・>



元気付けられた煽られたふにゃさんへの記事はこちらから!
黒い砂漠でおいしいご飯!

さらば海賊島こんにちは監獄 

諸君らが愛してくれた海賊島は死んだ!何故だ!

なぜだ/^A^\

海賊島のここがまずい!
・mobのレベルが下がり58からは灰色
・各種商店により利便性が向上し人が増えた
・ドロップが重くもっともおいしかったバンダナのドロップ半減
 
もっともまずくなった理由は人が増えたことですね。
貸切で半島食い散らかせていた時代はよかった・・・

篭れないという条件だからこそ篭ってウマウマしてたわけですが、リニューアルして篭れるようになり激マズ狩場へと変貌しました。

そんな・・・

今まで数多くの島流しにあい、流刑に耐えて58になった私はいったいどこへいけばいいんだろう・・・

このままクイトゥ島から出所して余生を過ごせというのか・・・

・・・

っ出所・・・だと・・・?

あるじゃないか・・・砂漠に・・っ!

カプラス先生見ていて下さい!


フィラ・ク監獄のここがうまい!
・隣がアカネの町
・監獄なのでアカネの復活地点に近い
・敵の攻撃が痛すぎる

なので人がいないんです!
これだこれを求めていたんだ(HP2割を維持しながら

運 

いつものように賑わいをみせる黄金ヒキガエル旅館に見慣れぬ男が入ってきた。

男はカウンター席に腰掛け酒を注文する。
全身に砂と埃を纏っており、お世辞にも小奇麗な風貌とは言えないが大振りな大剣を席の横に立掛ける仕草は中々に実力のありそうな冒険者に写る。

男は無言のまま酒をみつめ、やがて誰に話しかけるでもなくぽつりぽつりとつぶやきはじめた。

「強化っていのは根気が必要なんだよ・・・」

かなりボロボロになっている大剣がその言葉に説得力を与えているようにみえる。

「18強化をストレートで5回、それも35スタック程度で成功させる、そんなことができるはずないんだ・・」

男はわなわなと震え始め、頭を抱えた。カウンターにおいてあった酒をぐいっと飲み干し男は席を立ち叫びはじめた。

「お前らだって、そうだろ!?強化には根気が必要なんだ!オーガリングをスタック50で失敗しても俺は立ち直ったんだ!」

男のその異様な雰囲気に酒場は一瞬静まり返った。が、乱心しているように見えた男の言葉を聞き酒場に訪れていた冒険者達は静かに首を縦に振りながらまた酒を口に運ぶ。

冒険者達は次々に自分達の強化失敗談を口にし始めた。

三日月lと影の証llの強化に失敗し400m失った者
クザカ護符lVの強化に失敗し過ぎて乱心して2gで購入した者

みな心の奥底に封印した記憶だが傷は深い。
重たい空気が流れる酒場に一人の場違いなほど明るい雰囲気の椿が入店してきた。

「19失敗したクザカが2回で18に戻ったー(`・v・)ノ」

男は死んだ